ぼくの好きな漫画は誰もが知っている作の一つです。

私の好きなコミックは「名探偵コナン」だ。
小学校を時から今も尚単行ガイドブックが販売されていて、新刊がある度に購入しています。
こういうガイドブックの第はじめ直感としては、まずメイン人間公ですハイスクール探偵、工藤新一が怪しげな対話を目撃し、対話に憧憬の場合になっていて背後からさし迫る男子に気が付かず、失神させられてしまう。
目が覚めると工藤新一は、小学校位の子供の身体に変わってしまっていたという景色に圧倒されてしまいました。
非現実的なときのはずなのに、そこに何の違和感も持たせないストーリー。
これが作品者、青田剛昌なのかと。

それ以外にも、これだけの永年連載にも関わらず、しっかりとした殺人間計略を考えているという面も大好きです。
目下に至っては少々、知能と言うよりもスリリングな行動があったりもしますが、それもコミックだから出来る要素なんだと思います。

この辺って名探偵コナンはコミックだけではなく、マンガも決定的人間意思を誇ります。
そのの場合でも、去年に公開された「名探偵コナン 業火の向日葵」は国家の場合に散らばっているゴッホの向日葵のチャートを日本に呼び寄せ展示会を開催する言う出番で、向日葵のチャートを消そうと講じる犯人間とそれを阻止する怪盗キッドとコナン。
ラストシーンは手に汗を握る監督で、ついつい肩にチカラが入ってしまいました。

あんな名探偵コナンが大好きです。